オンライン診療

低用量ピル(経口避妊薬/OC)

低用量ピル(OC)とは?

低用量ピルとは、女性ホルモンのはたらきを利用した経口避妊薬です。
Oral Contraceptives(経口避妊薬)の頭文字を取り、「OC」とも呼ばれています。
副作用を少なくするためにホルモンの量を避妊効果が得られる最低限量まで低用量化されていますが、正しく服用した場合は安全で確実な避妊効果が得られます。月経周期が一定になるためスケジュールが立てやすくなるといったメリット以外にも、その他の色々な効能があります。

低容量ピル(OC)のしくみ

低用量ピル(OC)の避妊以外の効能

ピルには比較的安全で高い避妊効果のほかに、次のような効能があります。

  • 月経困難症(月経痛)の軽減
  • 過多月経の方の月経血量の減少
  • 月経不順の改善
  • 子宮内膜症の予防と改善
  • 月経前症状(PMS)の軽減
  • にきび、多毛などの改善
  • 更年期症状、骨粗鬆症の予防
  • 卵巣がんの予防
  • 卵巣嚢腫の減少
  • 子宮外妊娠の減少
  • 乳房良性疾患の予防
  • 子宮体がんの予防
  • 大腸がんの発生リスク低下

低用量ピル(OC)の副作用

服用しはじめて最初の数日間は吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなど、妊娠初期に似た症状が起こることがあります。
体が慣れるまでの一時的なものとなり、少量の不正出血が起こることもありますが、たいていは4~5日でおさまります(多くとも2~3シートで症状はなくなります)。副作用が気になる場合はお気軽にご相談ください。

吐き気・むかつき・乳房のはり・痛み 頭痛・偏頭痛・下腹部痛・下痢・むくみ・体重の増加 など

低用量ピル(OC)を服用できない方

ピルは女性ホルモンが主成分の薬であるため、乳がんなど女性ホルモンに由来する病気にかかっている・かかったことのある方は服用することができません。また、ピルの成分であるエストロゲンに血液を固まりやすくさせる特性があるため、血栓症のリスクが高くなる可能性のある方も服用できません。

【ピルを服用できない方】

  • 重い持病のある方
  • 原因不明の不正出血のある方
  • 高血圧の方
  • 静脈血栓症などの病気にかかったことがある方
  • ひどい偏頭痛のある方
  • 35歳以上で1日に15本以上喫煙される方
  • 乳がん、子宮体がんの疑いがある、またはかかっている方
  • 妊娠中、出産後6週間以内、授乳中の方

煙草と低用量ピル(OC)の組み合わせは、危険!

健康で煙草を吸わない方にはピルの服用によって血栓症を引き起こすリスクはほとんどありません。
しかし、低用量ピルを服用しながらの喫煙は血栓症や他さまざまな疾患のリスクを非常に高めます。

日常生活・行動 10万人の女性が1年間に死亡するリスク
日常生活・行動 1
妊娠・出産 6
家庭内の事故 3
交通事故 8
喫煙 167

OC服用と日常生活・行動におけるリスクの比較 日本産科婦人科学会「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」より

低用量ピル(OC)の種類

当院では低用量ピルを4種類取り扱っており、患者さまのお身体や生活習慣に最適なものを処方させていただきます。

一相性ピルと三相性ピル

一相性とは、ピル1シートの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量が変わらないものを指します。
三相性とは、ピル1シートに卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量が異なる3種類の薬が入っているものを指します。
一相性よりも三相性の方が、体内の自然なホルモンバランスの変化に近いと言われています。

  • マーベロン一相性の低用量ピルで、一般的に最も多く使用されている低用量ピルです。
    避妊・PMSの改善だけでなく、ニキビの改善にも効果が期待できるのが特徴です。
  • トリキュラー三相性の低用量ピルです。不正出血の副作用が少ないのが特徴です。
    避妊以外にもPMS症状にお困りの方にもオススメです。
  • ファボワールマーベロンの後発品(ジェネリック)で、マーベロンと同じ成分の一相性の低用量ピルです。
  • ラベルフィーユトリキュラーの後発品(ジェネリック)で、トリキュラーと同じ成分の三相性の低用量ピルです。

料金

種類1ヶ月3ヶ月(5%OFF)
(5%OFF)
6ヶ月(10%OFF)
(10%OFF)
マーベロン錠282,900円8,265円15,660円
トリキュラー錠282,600円7,410円14,040円
ファボワール錠28
※マーベロンジェネリック
2,500円7,125円13,500円
ラベルフィーユ錠28
※トリキュラージェネリック
2,400円6,840円12,960円
初診料 ※再診療は無料です。1,650円
配送料660円/回
※表示価格は全て税込です。
※低用量ピルには保険適応となる薬剤と自費診療でのみ処方できる薬剤が存在します。月経困難症、子宮内膜症の治療のために処方する場合には保険適用で処方できますが、避妊等の目的での処方の場合、あるいは保険適応を受けていない低用量ピルの処方を受ける場合には保険適用外となります。

オンライン診療の流れ

当院のオンライン診療は、クロン(クロン)という専用ツールを使用して行います。
iPhone・Androidスマートフォン用アプリ、もしくはWEB版でご利用いただくことができます。

必要な準備

  • 保険証
  • スマートフォン・タブレット・PCのいずれか
  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、AMEX、Diners対応)
  • 本人確認書類(初診に限り、マイナンバーカード、運転免許証、学生証などが必要です。)
  • 診療情報(初診に限り、紹介状、健診結果、お薬手帳などが必要な場合があります。)
アプリ版のご利用方法
まずはアプリをダウンロード
  • STEP 1 
    新規登録
    アプリを立ち上げて、クロンを利用するためのメールアドレスとパスワードを登録します。
  • STEP 2 
    確認メール
    登録したメールアドレスに確認メールが届きます。本文のURLを押して本人認証を完了します。
  • STEP 3 
    ログイン
    クロンアプリに戻り、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  • STEP 4 
    基本情報の登録
    お名前・ご住所・連絡先・クレジットカードを登録します。
  • STEP 5 
    医療機関の登録
    上野御徒町桜十字クリニックの医療機関コード「a7cf」を入力し、
    利用規約に同意して、受診希望を伝えます。
  • STEP 6 
    利用開始
    クリニック側で本人確認が済むと準備が完了。「診療に進む」を押してください。
WEB版のご利用方法
まずは、クロンWEB版にアクセス
  • STEP 1 
    新規登録
    クロンWEB版にアクセスし、右上のメニューから新規登録・ログインに入り、クロンを利用するためのメールアドレスとパスワードを登録します。
  • STEP 2 
    確認メール
    登録したメールアドレスに確認メールが届きます。本文のURLを押して本人認証を完了します。
  • STEP 3 
    ログイン
    クロンWEB版に戻り、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  • STEP 4 
    クロントップ
    「クロン施設コード」のボタンを押し、
    上野御徒町桜十字クリニックの医療機関コード「a7cf」を入力します。
  • STEP 5 
    医療機関の登録
    クロン施設コードを入力し、利用規約に同意して、受診希望を伝えます。
  • STEP 6 
    利用開始
    クリニック側で本人確認が済むと準備が完了。「診察申込」を押して受診に必要な情報を入力してください。

ご利用方法の詳細

低用量ピル(OC)について、よくあるご質問

Q.ピルをやめれば、妊娠することはできますか?

低用量ピルの服用を中止して、すぐあとの排卵から妊娠が可能です。
長期間服用することによって性周期の回復が見込める上、低用量ピルには不妊の原因となる卵管内や骨盤内の感染症も防ぐ効果があります。

Q.毎日同じ時間に飲む必要がありますか?

毎日同じ時間帯に飲まれるのをオススメいたします。
時間帯に関しては、特に決まりはございませんので、起床後、ランチ後、就寝前など、ご自身の生活リズムに合わせてお飲みください。
飲み忘れた場合は、気づいた時にお飲みください。

Q.低用量ピルの処方に健康保険証は必要ですか?

自費診療(保険適用外)になりますので、健康保険証のご提示は不要です。

Q.オンライン診療だけで心配はありませんか?

医師が問診票などに基づいて、副作用が現れやすいなどのリスクの有無を丁寧に判断・お伝えをいたします。
何かご不安な点がありましたら、診療時にお気軽に医師までお尋ねください。

Q.家族や同居人に知られずに受診することはできますか?

ご受診者様だけでサービスが完結いたしますので、誰にも知られずにご利用することができます。
配送するお薬などは中身が分からないよう品名などの具体名を伏せて表記しております。

Q.飲み始めてどのくらいで避妊の効果が出ますか?

飲むタイミングにより異なります。
一般的に、生理開始から5日以内に内服するとその日から避妊効果が期待できます。
生理開始から5日を過ぎた場合、飲み始めてから1週間後以降に避妊効果が期待できるといわれています。

Q.年齢で気を付けるべき点はありますか?

・未成年(18歳未満)の方 10代で低容量ピルを飲むことは問題ありませんが、保護者の方の同意が必要になります。月経の周期が安定しなかったり、月経時の痛みが辛買ったり、ニキビや多毛で悩んでいる方にも低用量ピルは有効です。ホルモンバランスが整い、症状の改善が期待できます。

・40歳以上の方 40歳を過ぎたあたりから、低用量ピルを服用した際の「血栓症」のリスクが上がるといわれています。
当院では、オンライン診療における35歳以上の方のピル処方は原則行っておりません。
また、閉経の有無に関わらず、50歳以降の方にはピル使用が原則できません。

Q.低用量ピルを処方できない場合はありますか?

・処方できない可能性がある方

  • 35歳以上の方
  • 1日15本以上の喫煙をされる方
  • BMIが30以上の方